中古バスは日本にいたままの姿で海外で活躍しています

日本の中古バスで海外へ輸出されるものはわりと多くあって、いろいろなルートをたどっています。
でもどのようなルートをたどったとしても、手を加えたりきれいにしたりすると余計な費用がかかるので、きちんと動くのでさえあれば、あまり整備や内装、外装の変更などはしないで、日本から輸出されたそのままの状態で新しい国を走ることになります。
主に東南アジアが多いのですが、そのため東南アジアの各都市では、日本語が書かれているバスが走っていると言うことになります。
日本の中古バスの姿のままなので、車体の横に何か施設名が入っていることもあるし、内装も広告が入っていた後がわかったりします。
中古バスの運命って、なんだか不思議ですね。
中古バスの行き先は、このサイトで。

ジェイエステティック 勧誘

ジェイエステティック 評判

プライムデリカ

プライムデリカ

プライムデリカ

最新投稿